環境依存文字について
防災士の活動に関するアンケート調査について
地域の防災力強化には、防災士の活動が不可欠となっています。
今後、更に防災士の活躍の場を広げるため、県内の防災士の皆様に防災士としての活動に関するアンケートを実施し、皆様の活動状況や課題等を把握し、今後の事業等に反映していきたいと考えています。
つきましては、何かとお忙しいこととは存じますが、ご協力いただきますようお願いいたします。
なお、本アンケート調査の結果は集約のうえ、公表することがありますのであらかじめご了承願います。

平成29年10月4日
自主防災組織活性化支援センター
(大分県・県内市町村・NPO法人大分県防災活動支援センター)
ブラウザの「戻る」「更新」ボタンを使用すると正しく処理できませんので、使用しないで下さい。
印は必須項目です。必ずご記入下さい。
60分間通信がない(ページ移動がない)場合、タイムアウトとなり入力内容が破棄されます。
ご記入に時間がかかる場合は一時保存をご利用ください。

【1】お住まいの市町村
お住まいの市町村名を選択してください。県外にお住まいの方は、「県外」を選択してください。
【2】お住まいの地区の自主防災組織名(自治会名)
(200文字まで)
【3】年代
【4】ご職業
【5】防災士資格を取得してからの活動実績は
【6】防災士としてどのような活動をしているか、具体的な内容はどのようなことか
例:災害時(H29.7九州北部豪雨やH29台風18号等)での対応
  ・避難勧告が出たので、地元住民に声掛けをして、避難誘導を行った。
  ・避難所の運営を行った。
  平常時での対応
  ・自主防災組織等で避難訓練を企画・実施した。
  ・防災講話を企画・実施し、地元住民へ防災意識の啓発を行った。

(200文字まで)
【7】防災士として活動するうえで、障害になっていることはどのようなことがあるか
例:周りに活動している防災士がおらず、どのようなことをしたらいいのか分からない。
  何から始めたらよいのか分からない。
  自治会と上手く連携できない。

(200文字まで)
【8】防災士として活躍の場をさらに広げるためには、どのようなことが必要と考えるか
例:他の地域の防災士との交流を増やすため、意見交換会を実施する。
  スキルアップのみではなく、実際に地域で活躍するための実務的な内容。
  自治会長や自治会役員と一緒に参加する研修。
  行政(県、市町村)による支援(※具体的にどのような支援が必要かについて記入してください)。

(200文字まで)
入力途中の内容を一時的に保存します。
お問い合わせ先
部署名 自主防災組織活性化支援センター(大分県生活環境部防災局防災対策室 河村)
電話番号 097-506-3155
メールアドレス a13555@pref.oita.lg.jp
大分県電子申請システム